• 会社案内・パンフレット
  • 茶室設計・デザイン&ディテール
  • 茶ノ湯Style
  • 茶道教室・茶道研修
  • 住宅の新築
  • マンション 茶室リフォーム
  • 住宅 茶室リフォーム
  • 茶室新築
  • 茶室ディテール
  • 無料相談

HOME > ブログ > アーカイブ > お知らせの最近のブログ記事

ブログ お知らせの最近のブログ記事

収納いっぱいの「簡易組立式の茶室!」

コロナも中々終息していきませんが、皆様、如何お過ごしでしょうか。

ご自宅のちょっとした空きスペース(フローリングのお部屋)を利用し、
茶室な空間を設えさせて頂きましたのでご紹介いたします。

今回の取組は
【簡易的に。素敵な和茶室空間を演出する!】
そして、その取組のテーマは、
「床組の組立式による工期短縮と茶室に収納を増やす」
です。

もともと、収納スペースだったお部屋を和・茶室にする工事。

■床の間
壁に床柱を立て開閉式の「壁床」を造りそして、その奥をまるまる収納スペースとして使用する。


壁に床柱を立て壁床の間として、その奥は収納

 

■床収納
床組を「箱型床組方式」にて床下収納を確保。
炉壇の脇に小型の収納スペースが出来て、これはとても便利




箱形床組方式の茶室の床
床下収納がたくさん取れる
 
炉壇脇に小さな床下収納スペース。
これは便利

 

壁の仕上げは、左官仕上げによる「わび」な感じを出し、
照明は個々の単独運転の出来るダウンライトで、茶室に陰影をつける工夫をしました。


壁は左官仕上げとダウンライトによる、「わび」の演出空間




茶室への入り口は、
収納式の「踏み込み台」で侵入
 
茶室をリビングを分ける建具は、
既存の半透明ガラスで

リンクス・ホリ 公式You Tubeチャンネルを開設いたしました

埼玉県さいたま市にて
茶室建築・茶室リフォームを専門的に行っておりますリンクス・ホリです。

一級建築士事務所 リンクス・ホリでは、茶道の家元がお客様の本格的な茶室リフォームをサポート。
茶室に関する疑問や質問がございましたら、お気軽にご相談ください。
デザインからリフォーム施工まで、ワンストップで対応いたします。

リンクス・ホリ公式You Tube チャンネルは、
日本の伝統文化、茶道を深く知ってもらい、また茶室の魅力をお伝えするためのチャンネルです。

建築やデザインの観点からみた茶室の魅力はもちろん、
茶室とはどういうものなのか?を日本人の心から紐解いていく動画も掲載しています。

茶道をご存知の方はもちろん、これから茶道をはじめようと考えている方、
茶室建築を検討中の方にとっても楽しんでいただける内容になっています。
是非一度、ご覧ください。


 

>リンクス・ホリ 公式You Tubeチャンネルはこちらから


"茶の湯"に学ぶ~おもてなしの空間づくり~(リフォーム楽楽通信 2019年11月号)のインタビューが掲載されました

埼玉県にて茶室建築・茶室リフォームを専門にて行っております
一級建築士事務所 株式会社リンクス・ホリです。

当社は、茶室建築や茶室のリフォーム、マンション茶室施工等を行っております。
ご自宅で茶道を楽しみたい、本格的な茶道教室を開きたい、といったご要望がございましたら、お気軽にご相談ください。

「リフォーム楽楽通信 2019年11月号」へ、当社代表 堀政孝のインタビューが掲載されました。
当社代表は茶道家元であり茶室設計・デザイン、リフォームを手掛けております。
インタビューは「"茶の湯"に学ぶ~おもてなしの空間づくり~」をテーマに、
茶道をご自宅で楽しむ際のポイントをご紹介しています。

茶室建築や茶室リフォームをご相談いただく際、
「茶道は敷居が高い」や「豪華なしつらえを用意しなければならない」等のお言葉をいただくことがございます。
当社では、もちろん「豪華なしつらえ」や「凝った作りの茶室」をご要望をいただいた際には、
お客様のご要望を詳しくヒヤリングし対応させていただいております。

ですが、茶道を楽しむためには「豪華なしつらえ」も「凝った作りの茶室」も、二の次だと考えています。
もちろん、整った茶室であることは大切だとは思いますが、
一番大切にしなければならないのは「客への心遣い」や「もてなしの想い」だと考えます。

いくら立派な茶道具一式が揃っていても、客をもてなす気持ちや心遣いがなければ、もてなしの空間だとは言えません。
「喜んでくれるかな」とワクワクしながら空間をつくる。おもてなしの心で溢れた空間を客とともに楽しむ。
そういった気持ちや時間が、茶道をより豊かにしてくれると考えます。

茶室建築や茶室リフォーム等について、お困りの事やお悩み事がございましたらお気軽にご相談ください。


川崎市のマンション茶室リフォーム 御引渡し

茶室建築・茶室設計を専門にて行っております株式会社リンクス・ホリです。
リンクス・ホリでは茶室建築に関するご相談を承っております。
戸建て住宅・マンションでの茶室リフォームについて、
是非お問い合わせください。

4月15日(月)、
マンション茶室のリフォーム工事が終わり、無事御引渡しを致しました。
今回は、マンションの和室スペースを、
水屋併設の中京間三畳茶室にリフォーム。

ポイントとなる部分は、生活空間と茶室スペースの分離をどのようにするか、
また水屋から茶室への導線の取り方など。いくつかの工夫が必要でした。

そしてマンションの茶室リフォームを施工する場合、毎回の事なのですが、茶道具の収納スペースをどのように確保するか、
エアコンをどう仕込むかなど限られたスペースで茶室(稽古場)として成立するように
細かく設計していかなければなりません。
計画段階でお客様のご意見も反映しながら進めて行きました。

茶室リフォーム工事が終了し、結果、今までの和室スペースでの稽古の制約が大幅に改善され、
かつ水屋も併設となりましたので、大変喜んで頂き、良かったです。
施工チームの皆さん、ありがとうございました。

茶室リフォームのご相談は、リンクス・ホリへお気軽にどうぞ。
茶室に関する相談を無料にて承っております。

 


秋祭り野点茶会を開催いたしました

茶室建築・茶室リフォームを専門に、埼玉にて施工を行っております一級建築士事務所 株式会社リンクス・ホリです。
先日開催しました「秋祭り野点茶会」についてご紹介いたします。

当社代表は、石州流野村派代表として茶道教室等を開いております。
茶道の専門家が、茶室建築に関する専門的なサポートを行います。茶室建築や茶室リフォームについて、お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

YUITO秋祭り 福徳茶会 待望の屋外開催!

10月27日(土)
日本橋三越のある中央区日本橋室町地区。ビルに囲まれた一角に閑静な神社があり、隣は野村不動産YUITOビル。そこで春・秋に茶会が開催されます。

なぜか茶会当日はいつも雨模様の天候で、毎回屋内開催なのですが、今年は朝の雨も上がり、日も差してきて、待望の初の屋外開催です。

野点の茶席を設けました!
場所柄土曜日で人通りも多く、多くのお客様にご来場頂きました。
ありがとうございました!

■YUITO秋祭り 福徳茶会
 2018年10月27日(土)11:00~16:00 参加費300円
20181112_01.jpg

リンクス・ホリが行う茶室建築について

茶室建築を専門にて行っております、
埼玉の一級建築士事務所 株式会社リンクス・ホリです。
茶室建築をお考えの方は、お気軽にご相談ください。


20181018_1.jpg
茶室と聞いて、皆様はどういったイメージを持ちますか?
多くの方が「京都の大工さんが作る数奇屋」「材料に凝った、高級感を重視した茶室」といった茶室をイメージすると思います。

ですが、ご依頼いただいたお客様に詳しくお話をお聞きすると「自分自身でお茶の稽古ができる場所が欲しい」「友達を読んで茶会を開きたい」といったニーズが多いことがわかりました。

そのためリンクス・ホリでは「使い勝手の良い、お茶ができる空間」を造ることを第一に、お客様のニーズに合わせた茶室建築を行っております。

■これまでにいただいた「茶室建築を行う目的」
・ご自身のお茶の稽古のため
・友人や親戚を集めて茶会を開催したい
・お茶を教える教室をやりたい
・茶ノ湯をひとりで楽しむ空間が欲しい

茶室を造りたいと考える方が、必ずしも「格式の高さ」や「高級建材を使用した茶室建築」を求めているわけではないことがわかります。
上記のような目的や、お客様の住まいの間取りに合わせて、リンクス・ホリがご提案いたします。
皆様の理想の茶室建築を叶えるお手伝いをいたします!


茶室の建築について、当社へ寄せられる「ご質問」とその回答をご紹介いたします。
茶室建築をお考えの方は、まずは専門家へご相談ください。

■茶室建築Q&A
Q:炉の切り方がわからないので、相談したい
A:茶室といえば、炉をなくして語ることはできません。
炉の種類は「本式炉壇」「炭・電気併用炉壇」がありますが、ご要望に合わせて施工可能です。
茶室建築を行う際、床の間の位置との関連も重視すべき項目です。炉の位置もお気軽にご相談ください!

Q:マンションに住んでいます。茶室建築を依頼することは可能ですか?
A:全く問題ありません。リンクス・ホリでは、これまで数多くのマンション茶室の建築事例がございます。
茶室建築を行う場合、小間と広間の間取りがあります。
お住まいの間取りやスペースに合わせて、ご提案いたします。

Q:室内が狭いため、茶道に使う道具を置く場所がない
A:マンションの一室に茶室をもうけるとなると、茶道具の収納場所を気にする方は多くいらっしゃいます。
リンクス・ホリでは「収納を考えた茶室建築」を行っております。
「炉を切るためにあげた床を活用し床下収納を造る」など、ちょっとした工夫で収納スペースが生まれます。

Q:庭に、新たな茶室の建築を検討しています
A:マンション茶室だけでなく、離れの茶室建築もお任せください。
当社は茶室の新築についても対応しております。
離れに茶室を建築する場合は「耐震」や「断熱」等へ配慮する必要がございます。
リンクス・ホリは、一級建築士事務所として適切な施工を行います。

いかがでしょうか?
茶室建築についてお困りのことがございましたら、まずはお気軽にご相談ください。
これまで多数の茶室建築実績を持つリンクス・ホリが、皆様のお悩みを解決いたします。
20181018_2.jpg


寝室兼用の「茶室ベッド」を開発いたしました。

"寝室兼用の茶室" を造りたい!
そんな、お客様のご要望にお応えしました。

フローリング床にベッドを置いていましたが、そこをお茶室空間としても 
使いたいとのご要望で、京間寸法の畳を敷いたベッを製作しました。

普段の寝室スペースが、ベッドの組み合わせによって、お茶の出来る空間に変わっていきます。

また畳に炉も切ってあるので、そこにお客様をお呼びして、茶を点てることも可能です。

 
畳に炉を切った半畳
 
普段は畳のベッドです

親子茶道体験 &こども食堂開催のご案内

平成29年11月11日(土)17:00~19:00
さいたま市緑区にある古民家カフェで親子茶道体験を
こども食堂を藍建築工房株式会社様の主催で開催をします。
ご興味のある方は、別紙パンフレットを参照の上、
下記のフリーダイアルにお問い合わせください。 
日本文化と楽しい食事を体験しましょう!
【お申し込み・お問い合わせ】
 藍建築工房株式会社 / フリーダイアル:0120-789-720

東京デザイナーズウィーク2012 ワークショップ!

11月3日土曜日 19:30~21:00
TDW2012会場において、ワークショップが開催されました。
テーマは、「お茶会を体験しよう!」です。

今回、プロ展に出展した、デザイナー川口とし子さんとのコラボ作品を使って、
茶会を体験しようという試みです。
出展作品名は「同座卓」
作品コンセプト:
・和室・茶室がなくても亭主と客が一つのテーブルに同座し"一碗の茶"を通し、
 互いにコミュニケーションを図り心が通い合うそんな時間・空間を提供する。
・難しい作法を習得しなくても、正座が出来なくてももっとカジュアルに茶の湯を楽しんで頂きたい。
そんな思いを込めて、ワークショップを開催しました。

参加者のほとんどの方が茶会初体験。今回は椅子席のカジュアルな茶会体験でした。
カジュアルと言っても、皆さんが"茶"を通じて同じ空間・時間を共有したことの経験
とても意味があり有意義な時間だったことと思います。

主催者の皆さん、お手伝いスタッフの皆さん、そして参加された皆さん、ありがとうございました。

この場を借りて、御礼申し上げます。

   
「同座卓」を使用しての茶会体験!    
    当日使用した道具類
干菓子
会場近くに、有名な銀杏並木があります。
いちょう祭りが開催されるので、
それにちなんで...
「同座卓」での点前      
   
出品作品「同座卓」 収納式です。
スタッキングの様子
 
椅子のスタッキングの様子



TOKYO DESIGNERS WEEK 2012 開催 その2

先日、御紹介しましたTDW2012について、パンフレットが出来てますので、皆様にご紹介を致します。
新しい茶の湯ライフの提案として、プロ展に作品を出品致します。
また、ワークショップも開催致しますので、どうぞ皆様御来場下さい。

下記ホームページ参照下さい。
http://www.tdwa.com/

また、会期中にワークショップを開催致します。

TOKYO DESIGNERS WEEK 2012
テーマ 「~新しい茶の湯ライフの提案~ 茶会体験をしよう!」
時 間 11月3日(土) 17:30~21:00
場 所 TDW.tv STUDIO(TENT内)

10月19日(金)より下記にてTDW2012開催事務局よりワークショップ開催の告知がされます。
・TDW2012公式WEBサイト
・Twitter
・Facebook
・Google+
・メールマガジン

当日会場にて
・WORKSHOPのスケジュールボードを設置(複数ヶ所)
・各WORKSHOPの看板(WORKSHOP名・学校名・開催場所・時間を記載したもの)を使用した呼び込み
・開始前の場内アナウンス

を行います。
※参加は自由ですので、皆さんふるってご参加下さい。

 

大きい画像でご覧になりたい方はこちら>>(PDF:806KB)


12

メインページ | アーカイブ | 日記 »

このページのトップへ


Mail
ページ
最上部へ
TOP
PAGE