• 会社案内・パンフレット
  • 茶室設計・デザイン&ディテール
  • 茶ノ湯Style
  • 茶道教室・茶道研修
  • 住宅の新築
  • マンション 茶室リフォーム
  • 住宅 茶室リフォーム
  • 茶室新築
  • 茶室ディテール
  • 無料相談

HOME > ブログ > アーカイブ > 茶室建築の最近のブログ記事

ブログ 茶室建築の最近のブログ記事

洋寝室から本格茶室へ、リフォームのビフォーアフター

五月雨続く週末、お出かけには不向きですが、雨音を楽しみながらのご自室での一服もまた趣がありますね。
茶室デザイン・設計施工のリンクス・ホリです。

先日ご紹介したこちらの物件の、施工前・施工後のお写真を弊社Instagramに投稿したところ、
お客様より「参考になる」との嬉しいお声をいただきましたので、こちらのブログでもご紹介させていただきます!

東京都品川区のマンション1室を茶道のお稽古用にフルリフォームしたU様邸
本勝手の炉と大炉を備え、様々なお稽古に対応できる茶室を施工いたしました。
utei_toko.JPG

こちらのお部屋の施工前はフローリングの寝室でした。
洋室は当然ながら畳の寸法に関係なく作られていますので、八畳を敷くには若干広さが足りません。
utei_b.jpg
しかし写真のようにクローゼットと押し入れ型の2つの収納があります。
そこで設計チームはこの2つの空間を活用するご提案をいたしました。

施工後の写真はこちらです。
utei_a.jpg
右のクローゼット部分は床の間に、 左の壁は収納の深さまで全体を後ろに下げ、
八畳が収まる間取りに変更しました。

ビフォーの写真では丸ドアがついていた壁は取り払われています。
既存の構造の残せる部分は残しつつ、必要な部分は思い切ったリフォームをすることで、
費用を抑えつつ、洋間から使い勝手のいい茶室に作り替えることができました◎

お客様にも大変喜んでいただき、茶室を使いお稽古をされているお写真を送っていただきました!

吊り釜の季節のマンション茶室リフォーム

こんにちは、リンクス・ホリ の堀です。


今年のはじめから、取り組んでおりましたマンションの茶室リフォーム工事

前回綿貫の記事で最後の調整中とお知らせしましたが、この度無事お引き渡しをすることが出来ました。

 

全体.jpg

今回の茶室リフォームは、以下の点が大きなテーマでした。


■リビング脇にある和室全体の床を上げて炉を切る

■マンションの茶室スペースには限りがあるので、炉を切る為に床上げした畳の床下は全て収納とし、また壁床は開閉式としてその裏側にも収納棚を造作

■茶室以外の目的で和室としても使用するため、障子戸は引き込みオープンとし、リビングと一体感を持たせる

■キッチンには、シンクを利用した簡易式キッチン立ち水屋を設える


特に床下は、お客様のご要望で最大限スペースを活用し、ほとんど全ての畳の下にボックス式の収納を製作しました。
技術的には、床の不陸(高さが不揃いになること)の回避のために、床組の直角精度、ボックス製作の正確さが求められます。

そのため家具施工業者と大工そして設計士と三者による細かい打ち合わせで進めて行きました。

結果、高い精度でぴったりいき、畳床下全体が高い強度のボックス式床下収納となりました。

IMG_4023.JPG

床の床の間裏に造った棚収納の開閉もスムーズです。
IMG_3876.JPGIMG_3974.JPG
お客様にも大変喜んで頂き、そして吊り釜の季節に無事お引き渡しをすることができ、良かったです。

大工そして施工チームの皆さん、ありがとうございました。

襖.jpg

 



埼玉での茶室建築・茶室デザインならリンクス・ホリへお任せください

埼玉にて茶室建築・茶室デザインを行っておりますリンクス・ホリです。
当社では、お客様のご要望にあわせた
茶室デザインのご提案や 実際の施工まで担当しています。

デザイン・建築・施工について、茶室のことならなんでもお任せください。


本日は、なぜリンクス・ホリでは多くのお客様より茶室建築のご依頼を

いただいているのかのポイントをご紹介いたします。



「失敗しない茶室づくり」を身をもって知っている


リンクス・ホリは、建築事務所でありながら、

代表が茶道の家元で茶道の指導へ携わっているという珍しい建築事務所です。


当社にて茶室リフォームを行うお客様へは、

家元としての知識や経験を基にした茶室リフォームをご提供いたします。


綺麗な茶室やおさまりの良い茶室リフォームは、

どういった建築会社でもできるかもしれません。


ですが、

・茶室の細部へのこだわり 

 ・茶道へ使用する様々な道具の収納 

 ・茶室自体の導線

など、ご自宅に茶室を造る上で考えるべきことは多くあります。


またご利用方法についても、練習で使用したいのか、

もしくはお客様を招いての本格的な茶道を行うのかにより

茶室のデザインが大きく変わってまいります。


ご要望と、そしてコストに合わせた茶室建築のご提案は

リンクス・ホリが強みとしている部分です。



茶室の新築から改修、マンションへのリフォームへも対応


リンクス・ホリでは、茶室建築・茶室リフォームを行っており

戸建住宅やマンションへのリフォームはもちろん

敷地内へ新たに茶室を新築するといったご依頼へも対応しています。


茶室を新築するとなった場合、万が一に備えて耐震性を

しっかりと確保する必要がございます。

地盤の状態をもとに工事内容を考慮し、安全性の高さを重視した施工を行います。


また、マンションや戸建住宅内のリフォームに加えて、

屋根や壁等の材質やデザイン等、こだわれる部分はとことんこだわります。


施主様のご要望なども取り入れながら、丁寧にデザインいたしますので

お気軽にご相談ください。



実用性を重視した茶室建築

お客様から多くご相談をいただくのが、茶道具の収納に関する要望です。

茶道は日本の四季と密接に関係があり、風炉や茶碗、掛け軸など、季節を感じさせる様々な道具があります。


道具が多くあるということは、その分収納が必要となることになります。

マンションや戸建住宅等の限られた範囲で、

最大限に収納を確保できる茶室リフォームを考慮しています。


茶室建築・茶室リフォームでお困りの方、またご相談先を探している方は、

是非一度、リンクス・ホリへご相談ください。

埼玉県さいたま市周辺ですと、比較的早期にお打ち合わせなどが可能です。


立礼卓事例集

茶室設計や茶室リフォームなど、各種茶室建築業務を承っております、リンクス・ホリでございます。
今回は当社で製作を行った立札卓の事例をご紹介します。

同座式立礼卓

【特徴】
4人掛けテーブルとしても使用できる同座式の立礼卓です。

tatehuda1.jpg tatehuda2.jpg tatehuda3.jpg


組み換え式立礼卓A

【特徴】
キュービックな形状の卓を組み合わせた立礼卓です。
卓の組み換えにより、向切・隅切点前にも対応ができます。

tatehuda4.jpg tatehuda5.jpg tatehuda6.jpg


組み換え式立礼卓B

【特徴】
キュービックな形状の卓を組み合わせた立礼卓です。
炉縁の交換により風炉釜から炉釜への変更ができ、炉・風炉の点前に対応ができます。

tatehuda7.jpg tatehuda8.jpg tatehuda9.jpg

当社では、このようにお客様の生活環境に合わせて、柔軟に立札卓を製作することが可能です。
各種立札卓の製作依頼をご検討されているお客様はぜひ、リンクス・ホリへお気軽にご相談ください。

立礼卓を納めさせて頂きました。

埼玉県さいたま市にて茶室建築や茶室無料相談を承っております、リンクス・ホリです。
当社では、椅子に座りながら抹茶をお楽しみいただける立札卓や組立式茶室等のデザイン開発、茶道教室の運営といった茶室に関する幅広い事業を手掛けております。

炉にも風炉にも対応できる「立礼卓」というお客様からのご要望を受け独立式立礼卓を製作致しました。
構成は、点前卓、立炉壇、拝見卓の組み合わせで、風炉・炉の点前にも対応出来る両用タイプです。

炉と風炉は釜の大きさが違うので、それに対応する為、炉用炉縁、風炉用炉縁とそれぞれ、大きさ(幅)を変え、色は黒、茶系と金色の3種類の炉縁です。
キュービックな形状の組み合わせとコンパクト設計で、ご自宅のフローリングスペースでお茶をする為の設えと工夫のある「お茶テーブル」です。

リンクス・ホリでは、このように立札卓を柔軟にカスタマイズすることが可能です。
立札卓はもちろんのこと、茶室設計に関するご要望がございましたら、お気軽にご相談ください。



 

立礼卓を納入致しました!

茶室建築・茶室リフォームを専門にて行っております、株式会社リンクス・ホリです。
当社では茶室の設計やリフォームなど、ご自宅で抹茶を楽しみたい方・茶道の練習を行いたい方へ向けたご提案を行っています

当社では、マンションから一般の戸建て住宅まで施工対応しております。
お気軽にご相談ください。


今年の春、マンションのお部屋に京間四畳半本勝手の『組立式の茶室』をリフォームさせて頂きましたお客様から、立礼テーブルのご依頼を頂き、納入させて頂きました。

「コンパクトデザイン」を目指して、設計製作した立礼ですが、思いのほかフローリングのリビングスペースにマッチしていて感激です。ちにみに、熱源はIHヒーターを使用してます。

「抹茶のある、いつもの生活」的な生活スタイルも良いかなと思いました!
無事納入、ありがとうございました。


ご自宅に茶室を作るとなると、大きなハードルを感じる方もいらっしゃるかもしれません。
ですが、このように「生活へプラスアルファで取り入れる」ことができるのも、当社製品の魅力です。
手軽にお茶を楽しみたい! と考えている方へ、おすすめのアイテムです。

コロナがまた増えてきてますが、
皆様どうぞ気をつけてお過ごしください。








マンションに『組立式茶室』

ようやくお引き渡しすることができました。

今回は、マンションお部屋に、簡易的な『組立式茶室』です。
組立式の茶室ですが、間取りは京間四畳半本勝手です。
一般的に、京間間取りを取る事が難しいのですが、床の間を壁床にその分畳部分を広くとりました。
また、もう一つの特徴としてお客様のたってのご要望で大炉を切っております。
四畳半の半畳の中に、「炉と大炉」を対角に切ってます。
収納もしっかり取れて、ちょっとゆったりめの『組立式茶室』ができました。

 
 

ありがとうございました。

現場に行く途中に小金井公園があり、広くゆったり、
のんびりしていてとても素晴らしい所でお気に入りの公園です。その風景もアップします。
猛暑の中の素敵な午後の公園風景!

 

 



三畳台目中板付小間茶室から四畳半茶室へ!

埼玉県のお客様のご自宅の茶室リフォームをさせて頂きました。
新型コロナの影響で、工事期間は多少ずれ込みましたが、ようやくお引き渡しをすることが出来ました!

客様とは1年以上お打ち合わせをさせて頂きました。
お陰様で皆さんの協力の下、特徴のあるオンリーワン茶室を造作することが出来ました。

今回の茶室は様々な仕掛けがあるのですが、
大きな『特徴』として
■ 小間席から四畳半席に変えることができる
■ ひとり瞑想の出来る、独座席空間を設ける
■ リビングという生活空間と連続した中に茶室がある
■ 庭からのアプローチ、にじり口と奇人口からの茶室導線を作る

難易度は少し高かったのですが、お客様にも大変喜んで頂き、うれしく思っております。
ありがとうございました。








立ち炉壇で抹茶を楽しもう!

「生活の中にお茶がある」
と言うことをテーマに難しいを事を考えず、気軽に抹茶生活を楽しむアイテムを考案しました。
『おうち生活を楽しむ 抹茶』
というとこで、フローリングのお部屋に置ける炉壇「立ち炉壇」を製作。
立ち炉壇は、基本は電熱仕様になっていますので、釜の湯を沸かす手間が容易です。茶釜だけではなく、鉄瓶でもOK。立ち炉壇の横に市販のテーブルを置けば、立礼式の点茶も可能という汎用性を持たせました。

抹茶のある毎日、少しでも日常生活にゆとりを持って頂けたら願ってます!




立ち炉壇で抹茶を楽しもう!の続きを読む

【茶室工事事例】マンションの日常生活空間へ和を取り入れる

茶室建築専門 建築事務所の株式会社リンクス・ホリです。

2020年3月5日
今回、ご紹介をするのは東京都内文京区のお客様で「移動式水屋造作とバルコニー和風スペースの設え」の工事をさせて頂きました。

マンション内にお茶室を設え、いつも稽古されていますが、水屋は一工夫があります。
普段は洗面所として使用している場所なのですが、
稽古の時は収納式簡易移動水屋を設置し、水屋スベースに早変わり!
そして・・

バルコニーは晒し竹とヒバの床組で、和の空間を創り、
リビングの雪見障子からの借景を待合に取り入れました。

マンションの日常生活空間の中に、和を取り入れる。
匠の数寄屋大工とのコラボで、実現した今回のお仕事でした。

ありがとうございました!

【施工事例の一部をご紹介】

 
 

 



12

« 茶室リフォーム事例 | メインページ | アーカイブ | 設計コラム »

このページのトップへ


Mail
ページ
最上部へ
TOP
PAGE