• 会社案内
  • 茶室設計・デザイン&ディテール
  • 茶ノ湯Style
  • 茶道教室・茶道研修
  • 無料相談
  • マンション 茶室リフォーム
  • 住宅 茶室リフォーム
  • 茶室新築
  • 茶室ディテール
  • 住宅の新築

HOME > ブログ > アーカイブ > 2013年11月アーカイブ

ブログ 2013年11月アーカイブ

組立式の茶室を納入致しました。

かねてより、都下のお客様からご依頼のありました、組立式の茶室を納入致しました。

茶室の広さは壁二面構造の二畳中板。そして床の間を設えてます。
木製フレーム構造の茶室で、全体的に軽量化をはかり、組立はドライバー1本で容易に組み立てることが可能です。

壁二面のオープン構造の為、閉塞感がなく茶室内でオープンな感覚でゆったりと亭主の点てた茶を楽しむ事が出来ます。
炉は切らず、代わりに背の低い"炉壇棚"をセットし小ぶりの風炉釜を掛け、点前を見ながら一服頂けるようにしました。
その炉壇棚は、炉の位置にもセット出来るので、寒い炉の季節でも楽しんで頂けます。
そして、吊り釜も掛けられるように致しました。

壁の和紙を通して、外の明かりが、柔らかく茶室内に差し込んできます。

マンション内の六畳間にセットしたのですが、とても雰囲気がよく、綺麗に収まりました。
お客様にも大変喜んで頂き、とてもうれしく思っております。

茶室内で、御亭主の御点前で一服頂きました。
ゆったりとした時間が、茶室内に流れておりました。

「良い茶の湯空間を作る!」
を、これからも実践していきたいと思います。

マンションの和室六畳間に、組立式茶室をセットしました。
壁は、美濃和紙を使用し、外からの柔らかい光を茶室内に取り入れます。
天井には、吊り釜が出来る様、蛭釘を施工。

 

組立式茶室に茶道具を設えた様子

 

茶道口の様子

 

炉壇棚と茶道具の置き合わせ

 

炉壇棚を炉の位置へ移動した状態

御亭主の御点前で、一服頂きました
     
 

1

« 2013年10月 | メインページ | アーカイブ | 2014年1月 »

このページのトップへ