• 会社案内・パンフレット
  • 茶室設計・デザイン&ディテール
  • 茶ノ湯Style
  • 茶道教室・茶道研修
  • 住宅の新築
  • マンション 茶室リフォーム
  • 住宅 茶室リフォーム
  • 茶室新築
  • 茶室ディテール
  • 無料相談

HOME > ブログ > 茶と家コラム > 【茶と家コラム】「お茶を一服いただけますか」陶芸家・三宅直子さんの、水屋にも点前座にもなるキッチン・3

ブログ

< 【茶と家コラム】「お茶を一服いただけますか」陶芸家・三宅直子さんの、水屋にも点前座にもなるキッチン・2  |  一覧へ戻る  |  【茶と家コラム】キッチンで、美しく、茶を点てる/陶芸家・三宅直子さんのキッチン・4 >

【茶と家コラム】「お茶を一服いただけますか」陶芸家・三宅直子さんの、水屋にも点前座にもなるキッチン・3

こんにちは、埼玉県さいたま市を拠点に茶室デザインを行っているリンクス・ホリ、広報と「茶と家」プロジェクト担当のWです。

「茶と家」プロジェクトでは、「茶の湯と日日豊かに暮らす」をモットーに、茶のある暮らしを応援する商品開発を行いつつ、日々のお茶の様子をInstagramTwitterでご紹介しています。

本日は、前回の記事(https://www.links-hori.jp/blog/2022/05/entry_571/)に引き続き、陶芸家・三宅直子さんの「茶のある暮らし」をご紹介します。

今回は「仕度」編です。


いちど茶漉し缶を通した抹茶を棗に張る
miyake_03.JPG
鉄瓶に浄水を張り、火にかける

miyake_04.JPG


水指も浄水で満たし、コンロとシンクの間に据える
miyake_05.JPG

三宅さんのキッチンは奥行が広くフラットなタイプ
コンロとシンクの間に十分なスペースがあり、お道具を並べると素敵な点前座になりました!
カウンターキッチンなのでダイニングテーブルのお客様とお話をしながら点てられ、湯も冷めないし、合理的で美しい。真似したい。
(毎日キッチンがきれいであることが大前提ですが...)


次回は「お茶を点てる」ところをみせていただき、お茶とお菓子のご紹介をいたします◎
ぜひご覧になってください!

次回更新予定:6月上旬

カテゴリ:

< 【茶と家コラム】「お茶を一服いただけますか」陶芸家・三宅直子さんの、水屋にも点前座にもなるキッチン・2  |  一覧へ戻る  |  【茶と家コラム】キッチンで、美しく、茶を点てる/陶芸家・三宅直子さんのキッチン・4 >

同じカテゴリの記事

【茶と家コラム】「お茶を一服いただけますか」陶芸家・三宅直子さんの、水屋にも点前座にもなるキッチン・2

こんにちは、埼玉県さいたま市を拠点に茶室デザインを行っているリンクス・ホリの、広報と「茶と家」プロジェクト担当のWです。

「茶と家」プロジェクトでは、「茶の湯と日日豊かに暮らす」をモットーに、茶のある暮らしを応援する商品開発を行いつつ、日々のお茶の様子をInstagramTwitterでご紹介しています。

本日は、前回の記事(https://www.links-hori.jp/blog/2022/05/entry_570/)に引き続き、陶芸家・三宅直子さんの「茶のある暮らし」をご紹介します。


直子さんのお茶空間はキッチンとダイニング
miyake_01map.jpgのサムネール画像
明るい光の差し込む広々としたキッチン

まずは①と②の部分、お茶道具の収納を見せていただきましょう。

miyake_02shitaku.JPGのサムネール画像
壁に作りつけられた戸棚の一番左がお茶道具専用

よくある普及型のキッチンでは、天井の高さいっぱいまで戸棚になっていることが多いですが、直子さんのキッチン収納は目線の高さの一段のみの潔い設計
踏み台などを使わなくても全ての道具に手が届き、なおかつ上開き扉で全面を開放できる作りのため、安全に出し入れすることができます。

IMG_4754m.JPGのサムネール画像
戸棚後ろの壁も直子さんの作品のタイル 淡いグレイッシュな青緑色がきれい


miyake_06dougu.JPGのサムネール画像
戸棚の中身
見た目はスタイリッシュなのに、驚きの収納力です。

焼き物の茶碗、水指、建水はすべて直子さんの作品。
この棚には日々のお茶に使うものを入れており、器はたくさんの作品から翌日使うものなどを選んで加えているんだそう。

「しまい込んでいると使わなくなっちゃうし、お茶もしなくなってしまうから、すぐ使えるところに置いておくんです」

本日の茶碗や菓子器も、すでに選んでキッチンの上に控えてくださってました。

IMG_4839.JPGのサムネール画像
全体図②の引き出し収納直子さんには直子さんの作品だけでなくほかの作家の作品もたくさん


次回は「仕度」を見せていただきます!
ぜひまたご覧になってください。

次回更新予定:5月30日(月)PM

【茶と家コラム】「お茶を一服いただけますか」陶芸家・三宅直子さんの、水屋にも点前座にもなるキッチン・1

いつの間にか吹き抜ける風もあたたかく変わり、窓から見える氷川神社の緑は日に日に鮮やかに青々としていきます。
さいたま市大宮区から、茶室デザインのリンクス・ホリ、広報担当のWです。

実はこの度、リンクス・ホリに新プロジェクトが立ち上がりました。
家づくりの会社らしく、暮らしに茶の湯を取り込んで、日日豊かに暮らすためプロジェクトです。「茶と家」プロジェクトと題しました。

現在は主にnoteでの茶と家にまつわる読み物の連載と、
お茶を日常に取り込むためのプロダクトの開発を準備中。
InstagramTwitterで、プロジェクトの進捗や日々のお茶休憩を更新していますのでぜひご覧になってください◎

IMG_0389.JPG


さて、そんな茶と家プロジェクトで、「お茶を一服、いただけますか」という取材企画がはじまりました!

茶の湯とともに暮らす方のご自宅にお邪魔して、お茶を一服点てていただき、支度や片付けなどを見せていただく連載です。

お茶を始めたばかりの方にとって、
 「何から買えばいいの?」「お手入れは?」「保存方法は?」 などなど、疑問は尽きないことと思います。

 また、茶の湯が日常になるにつれ、 収納使い勝手など、お悩みもどんどん出てきます。

 茶道具には様々なものがあり、取り扱いもそれぞれ。 
そして、ご自宅の茶の湯をする空間も収納場所も人それぞれ。

 きっと、疑問・お悩みを解決策もひとつではなく、ひとりひとりの暮らしに合った正解があるのではないか。
 そしてそれはとてもたのしそうではないか。

 おうちでのお茶生活の様子、見たい、知りたい。 
 ちょっとずうずうしいお願いなのですが、 茶のある暮らしを送る皆々様、お茶を一服、いただけますか。

という、企画です。
リンクス・ホリで手掛けた茶室に限らず、ご紹介させていただきたいと思います。


そして去るゴールデンウィークのよく晴れたある日、陶芸家で私のお茶仲間でもある、三宅直子さんのお宅へお邪魔し、お茶を一服いただいてきました。 

茶のある暮らしを彩る、作家さんならではのこだわり抜いた空間をご紹介します。

miyake_02nigaoe.jpg

三宅直子さん
大阪生まれ
大阪芸術大学美術学部工芸学科陶芸コース卒業
多摩美術大学大学院美術研究科陶コース修了
現在 東京都町田市の自宅兼工房にて作陶
多摩美術大学在学中に裏千家茶道教室に入門
作品制作と子育ての傍らでお稽古を続けられています
Instagram

いつも柔らかい笑顔であたたかな空気をまとった直子さん。
直子さんと私は、八王子市の山ひとつ挟んだお隣の美大の院と学部に通っているときに、裏千家のお教室で出会いました。
ほぼ同時期に入門した年の近い社中で、ちょっとしたことを聞いたり、楽しみを共有したりすることがしやすく、とても親しみを感じている同期です。


直子さんのおうちのお茶空間は、キッチン&ダイニング

miyake_01map_numberなし.jpg
ご案内いただいたのは、ご自宅2階のリビングダイニングキッチン。
大きな窓から明るい光が差し込み、猫さんもうとうとしている癒しの空間でした。
ハチワレ猫さんはヒマラヤちゃん。もう一匹、アルプスちゃんがいるのですが、この日は終ぞ姿を見れず。警戒心が強い猫さんもかわいいです。


本日はここまで、次回は直子さんのお茶道具収納をご紹介いたします◎ 
次回更新予定:5/26PM

このページのトップへ


Mail
ページ
最上部へ
TOP
PAGE