• 会社案内
  • 茶室設計・デザイン&ディテール
  • 茶ノ湯Style
  • 茶道教室・茶道研修
  • 無料相談
  • マンション 茶室リフォーム
  • 住宅 茶室リフォーム
  • 茶室新築
  • 茶室ディテール
  • 住宅の新築

HOME > 山ちゃんブログ > 職人さんの後継者問題

山ちゃんブログ

< L字型プラン  |  一覧へ戻る  |  敷居のデザイン >

職人さんの後継者問題

最近、職人さんと話す際に出てくるのは、後継者不足の話です。時代が変わり需要が変わり、その物を必要とされなくなり、職人さんが辞めていく。いざ、作ってもらいたいと思って探しても、そうした職人さんが、なかなか見つかりません。日本の建築に関わる伝統的な技術が消えてしまわないように、何かよい方法はないものでしょうか。

 

ひとつの方法に、既存の優れた技術にデザイナーの新しい提案・発想を加えることで新たな商品を生み出していく方法があると思います。職人さんの持つ優れた技術を新しい形で、今までになかったモノとして世の中にだす。世の中のニーズに合わせるのではなく、新しいニーズを作り出すシーズ志向へとシフトする。

 

そのためにも、デザイナーは技術についてしっかりとした知識を持たなければいけません。みなさんもご存知、掃除機で有名なダイソンのデザイナー達は、基本的にはエンジニア出身のバリバリの技術職らしいです。デザイナーがしっかりとした技術的知識をもっているからこそ、あのような数々のすばらしいデザイン製品をうみだせるのだそうです。

 

わたしも、建築デザインに関わる仕事をしている人間として、建築にまつわる技術を熟知してあらたな提案を生み出せるよう日々精進したいと思います。

 

 

 


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 職人さんの後継者問題

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.links-hori.jp/cgi-bin/tl_cms/mt-tb.cgi/109

コメントする

< L字型プラン  |  一覧へ戻る  |  敷居のデザイン >

このページのトップへ